亀有の美容室 La chouchou

       ラ シュシュ

hairsalon La chouchouの代表的なカラーテクニックをご紹介

_MG_1176のコピーダメージ最小限で立体的、洗練された垢抜け外国人風ヘアカラーはウィービングで作る!

ウィービングの長所は根元が伸びてきた時にプリン状態にならない事です。

一色染めでしかも頭皮から塗ったヘアカラーの2ヶ月後は

ウィービング説明2

こんな感じに境目くっきりになりやすい所ですが、ウィービングを入れたヘアカラーの2ヶ月後は

ウィービング説明1

こんな感じに境目がぼやけた仕上がりになります。

またブリーチを使ったカラーは赤みが削れる分ダメージが気になりますが、ウィービングで入れるブリーチハイライトなら全体の20パーセント程度の髪をブリーチする形になるので負担少なくベージュカラーが表現可能。オススメのヘアカラーです。

ウィービング関連の記事もご参考にどうぞ。

⬇︎

リンク

_MG_6048

境界線を自然にぼかす、わざとらしくないグラデーションカラー。
中間から毛先を明るくしてから希望の色味を重ねるダブルカラーです。

グラデーションカラーで1番避けたいのは境界線くっきりのグラデーションカラー。

境目くっきりのグラデーションカラーのイメージはこんな感じ

グラデ説明2

 

この境目をギザギザに仕上げるのがポイント

グラデーション説明1

ちょっとわかりづらいですがギザギザに染めていくということ。

グラデーションカラー関連の記事はこちらから

⬇︎

リンク

_MG_9045

ピンク、ブルー、グリーン、パープルなどの色味をポイントで表現するにはカラーバターを使うのがオススメ。

カラーバターはトリートメントと相性が良いのでカラーバターの中にはトリートメント成分がたくさん配合されてます。

表面に吸着するカラーなのでベースのリフトアップ(ブリーチ)は必須。

耳上あたりに潜ませてチラッと見える表現でおしゃれ度UP!

カラーバター関連の記事も参考に

⬇︎

リンク

人気の記事

ラ・シュシュweb予約ボタンヘアカタweb予約ボタン

new style