亀有の美容室 La chouchou

       ラ シュシュ

kigure blog

本当の外国人のようなヘアカラーの作り方

本当の外人さんみたいなヘアカラーが出来たので、

そのプロセスをご紹介します!


友だち追加

ご予約、ヘアスタイルの質問、相談は木暮個人のライン@からでもお受けできます。

お気軽に登録お願いします。


こんにちは。

ヘアーサロン ラシュシュ 木暮です。

本当の外国人のようなヘアカラー。

実際はちょっとマットっぽいグレーのイメージが僕はあります。

そんなリアル外国人ヘアカラーの作り方を今回はご紹介したいと思います。

最近、グレー系のカラーを紹介する事が多いのですが、オーダーもすごく多い色味です。

冬は赤みの色味で艶を出して、しっとりと落ち着かせて!と雑誌やネット上で言われてる事も多いですが、

「昔はぼくもよく言ってました。」

今は、、、

関係ないですかねー、寒い季節だから赤って

なんででしょう?

色味をアッシュにしたり、赤みにしたりを行ったり来たりは色がブレるのでおすすめできません。

ちなみにここで言っている

グレー

とはシルバー系のグレーの色味の事で白髪染めのことではありません。

それではビフォアから

img_02332ヶ月半ぶりのご来店。

この状態でもある程度綺麗で、ガッツリとプリンになっていないのがウチのお店のヘアカラーの特徴です。

ただ、この明るさだと2ヶ月以内で染め直すのがベスト。流石にすこしギラついてきてしまいますので。

ここにハイライトを入れ直します。

img_0238そして今回は、、

深めにグレーを入れて落ち着かせつつ、ハイライトも見せていきたい。

というイメージなので、ハイライトを入れたらそのまま全体を濃いめのグレーで染めて行きます。

そこは写真撮り忘れました💧

はい。

同時進行でそのまま全体に色味も入れちゃうということです。

流して、、、

img_0239こうなります。

ハイライトが入って、全体はグレーの色味がすでに入っています。

ハイライトだけを入れて、赤みを削ってから流して全体にカラーを重ねるのが1番やるカラーメニューなのですが

そこで濃い目に色味をいれると染めたてではハイライト感が弱くなる、一旦馴染んじゃうんですよね。

そこまで暗くしなければハイライトを見せながら染められるのですが今回は全体は暗めだけれどハイライトもしっかり感じるられるようにしたかったのでこんなやり方で。

この状態ではハイライトがブリーチで抜いたまま。

色味が入ってないのでハイライトに薄っすらとグレーを入れてくすませてブリーチしっぱなしのギラツキを抑えて行きます。

はい。

そこも写真撮り忘れました💧

ハイライトだけに色をいれるのではなく全体にいれます。

暗めに染まっているグレーはそこまで色味は変わりません。

そして仕上がりは、、、、

img_0248こんな感じになりました。

img_0250ハイライト感は感じさせつつ、全体はグレーを強めに感じる色味に。

img_0251

iPhone7にしたらちょっとカメラの色味が変わった気がします。

実際はもう少しグレー味つよめで本当に外人さんみたいな色味になりました。

今回ご紹介したメニューは少し時間がかかりまして、

約3時間(カットなしのカラーのみで)

料金が¥17280(税込み、カットなしのカラーのみの料金)

になります。

もうワンランクアップした外国人風ヘアカラーをご希望の方におすすめな染め方です。

こんな感じもよかったら参考にしてくださいね。

では✋


インスタ更新してます、ヘアカラーの参考に

木暮 史明のインスタグラム👇Instagram

人気の記事

簡単ネット予約はこちらから

new style