亀有の美容室 La chouchou

       ラ シュシュ

kigure blog

新しく発売されたカラー剤 アディクシーについて

ラシュシュでのメインカラー剤、イルミナカラー

から始まって、

スロウ、(今はウチのお店では使ってない。)

と来て、

このアッシュにこだわった、赤みを無くす事に特化したカラー剤ブーム

第3弾の

ミルボン、アディクシーが発売されたので使用感を少し。


友だち追加

ご予約、ヘアスタイルの質問、相談は木暮個人のライン@からでもお受けできます。

お気軽に登録お願いします。


こんにちは。

ラ シュシュ 木暮です。

今、美容室用のカラー剤には外国人風のアッシュ系を表現する事に特化した

新ブランドのカラー剤発売ラッシュが続いています。

ウェラのイルミナから始まって、

モルトベーネのスロウ

そして今回ミルボンからアディクシーというラインが発売されましたので使ってみました。

色味は、、、

こんな感じで、グレー、ブルー、マット、ブルーバイオレット中心の今時のラインナップ。

ここで僕が注目したのは

3レベルと、5レベルのラインがある事。

レベルとは仕上がりの明るさです。

日本人の黒髪は大体4レベルくらいと言われています。

黒髪が4レベルなのに対して3レベルと、5レベルがあるって事は、、

相当色味が濃いめの薬剤が用意されている。

という事です。

そこで、

暗めのカラー剤についてですが。

普通の薬剤の3レベル、5レベルはそれこそ黒染めに使うような薬です。

今までのカラー剤、特にファッションカラーには、

こんなかんじで6レベルまでしかそもそも無かったりが多いですね。

そして白髪染めのラインには、、

3レベル、5レベルしっかりあります。

いままでの3レベル、5レベルの用途としては、

黒染め

真っ白の白髪を真っ黒に。

金髪にブリーチされた髪を真っ黒に。

など。

この白髪染めの3レベル、5レベルの薬剤には確実に

ブラウン味、もっというと強い赤みが入っています。

このブラウン味、強い赤みというのは

透明感、ベージュ感を作る上ですごくいらない色味

邪魔な色味になります。

黒染めした高校生が卒業してベージュにしたくてもならないのはこの黒染めによる強烈な赤みのためです。

ベージュ、グレーなどを表現するのに邪魔なのが赤みなのです。

特にブリーチしても取りきれない強い赤みはたちが悪い💦

ただ、真っ白の白髪を真っ黒にするには本来髪の毛が持っているはずの茶色味、赤みを補充しなければ黒く染まらないため仕方ありません。

うちのお店にもよくいらっしゃいますが、お客さん本人は黒染めの自覚はなくても

明るくならない毛先がある。

やけに赤みが強い。

という場合は、この3レベル、5レベルの薬でいつのまにか染められていた可能性大です。

実際、

半年前くらいに暗めにしませんでしたか?

と聞いてみると100%してます。

でもお客さん本人にはこのような薬で染めた自覚はない。

よくあることです。

なぜ黒くしたいわけでもないのに使われてしまうのか?

それは

明るい髪を一気に暗くするのにすごく簡単だからです。

簡単に暗く出来るけど、簡単には明るく戻せない薬。

なのでウチではほとんど使いません。

(白髪染めとしては使います。)

では、

では、

では、

このアディクシーの3レベル、5レベルの薬は何が違うのか?

ブラウン味(茶色味)赤みが入っていない。

みたいです。

茶色味、赤みが入って無くて、単純にグレー、ブルーのものすごい濃い色味が入っているようです。

って事は、、

染めたては暗めで、そのまま色落ちするためあとあと邪魔にならない。

って事です。

って事だと思います。

理屈的には。実際にはまだわかりませんが。

しかも濃いブルーでオレンジ味もかなり打ち消せるようです。

自分の髪に染めてみました。

うん。

濃くて、ブルー。

ただ僕はブリーチしているので当然青は強く出ます。

していない根本は、

まあこんな感じですよね。

ただだいぶ濃いので染めたてではだいぶ暗さは表現できると思います。

5レベルのブルー単品です。

5レベルのブルーでこんなに根本の黒髪の部分が明るくなるのはちょっと注意しないといけないポイントですね。

5レベルといっているもののリフト力(明るくする力)、結構強いということ。

濃くて、色素削る力強いというのはあのカラー剤を彷彿とさせます。💧

まあ使ってみないとわからないので。

5レベル中心に用意しました。

3レベルのグレーとか今までなかったラインなので。

使いみちとしては結構染めたてで暗いグレーに出来るので

赤みの残る根本付近に使ってグラデーションカラーにしたり。

ハイライト入れて、全体をグレーで暗く沈めたり、使いみちはたくさんありそうです。

実際、赤みは足さずに暗くグレーにしたい時って結構難しかったりするので。

あとは

2ヶ月後どのように退色するか?

この辺を見極めながらまた使用感のブログ書きたいと思います。

カラー剤が進化するほど、

どこのお店でやっても綺麗なアッシュに染められる!

わけではありません。

イルミナカラーさえつかえば外国人風のベージュになるかといえば

3週間もすればいつもの色になるでしょう。

今回のアディクシーでも一緒です。

大切なのは

ベース作り(下地)

良かったら参考にしてくださいね!

では✋


 

インスタ更新してます、ヘアカラーの参考に

木暮 史明のインスタグラム👇Instagram

人気の記事

簡単ネット予約はこちらから

new style