亀有の美容室 La chouchou

       ラ シュシュ

kigure blog

ムラになったブリーチカラーを直してみる カラー剤レシピ付き。

こちらのブログにはいつもLINEへのリンクを貼り付けているので、よくヘアカラーに関するお悩みのメッセージをいただいたりします。

今回は最近もらったメッセージとその後のヘアカラーについての記事です。


 

友だち追加

ご予約、ヘアスタイルの質問、相談は木暮個人のライン@からでもお受けできます。

お気軽に登録お願いします。

簡単ネット予約はこちらから

👇


こんにちは。木暮です。

上にあるLINEのリンクからいつでもメッセージ送れます。ヘアカラーに関するご質問はお気軽にどうぞ。

はい。LINEからメッセージいただく事がわりとあるのですが最近、こんなメッセージをいただきました。

結婚式前にヘアカラーがムラムラに。

これは大変ですね。自分の結婚式の時なんて特にベストのヘアカラーで望みたいものです。

現状の色味を送っていただきました。

今、写真から考えるとそこまで重症な感じではなさそう。このくらいのムラはわりと簡単に直せると判断し、今3週間前だという事なのですぐ染めてしまうと色落ちしてしまうのでこの状態でなんとか我慢していただいて式の1週間前にご来店いただく事にしました。

全体をブリーチしてから重ねるヘアカラーは正直ムラになりやすいです。ブリーチの抜け具合が場所によって違ったり、一見同じように抜けているように見えても根本と毛先ではダメージレベルが違うのでのせたカラー剤の色味の染まりやすさが違ってきたりもしますし。

ブリーチを流すときに流し残した所としっかり流したところでも色の入りが違ったりと、とにかく難しいのが全体ブリーチからの全体カラー。

ただムラに関しては大体直せると考えてまして。黒染めや縮毛矯正もしていないということなので。

ご来店いただきました。

👇

染めてから2週間たっているので緑はもう無くなったそうです。ムラ的には根本の方が少しグレーがかったベージュになっていて、毛先の方が濁りが強めで黄色になっている。明るさでいうと根本の方が明るいです。まずこれがバランスの悪い原因の1つ。これは昔やったカラーの残留ティント。暗くした時とかに色素が濃いとブリーチしても抜けづらくなったりします。

そして耳上は前にインナーカラーでブリーチしていたのでここだけ2回ブリーチになっている分、色抜けが違うので重ねても当然同じ色にはならないという事ですね。僕がインナーカラーがあまり好きじゃないし、オススメしない理由はこれです。ダメージレベルが全然違っちゃうし、周りをこことちょうど同じにブリーチするのなんて難しいので結局ずっとここはなじまないわけです。ずーっとインナーカラーとつきあっていかないといけないということ。半年後とか1年後までイメージしていうるからこそ飽きた時に戻しづらいのが嫌であまりやりません。ボブだったら短いから良いかなという感じ。ロングの方にはどうしてもという時以外やりません。

(^_^;)すみません。

で、この状態を直していきます。

色味の希望は透明感を感じるベージュ系。透明感を出したかったけど、こんなに明るくされるとは思っていなかった。

という事でした。

このへんのイメージのづれは日々、お客様をカウセリングしていてすごく感じる部分なのですが、ものすごいスケ感のあるグレー系、ベージュ系の写真をお持ちになられて

お客様
こんな感じの色味にしたいです。
キグレ
この色にするには全体をブリーチする必要があります。ハイライトだけでのブリーチではなかなかここまでのスケ感は出ませんよ!全体ブリーチしても良いですがこの色でいられるのは1〜2週間でその後は結構金髪になってしまいます。それでもよければ全体的にブリーチしていきますがどうしましょう。
お客様
金髪はちょっと、、、、、
キグレ
では今回はここまでの透明感にはなりませんが今のNOブリーチよりスケ感が出て、1ヶ月後、2ヶ月でもそこまで金髪にはならないハイライトでブリーチをいれていきますね。

このように全体ブリーチを止めることが多いのですが、お客さんが希望する色味は全体ブリーチが必要。インスタなどでみる写真は染めたてです。染めたてと2週間後は全然違うし、お客さんはそこまでイメージ出来ていない。その誤解が今回のカラーにもあると思います。

「こんな金髪にしたくなかった。」    です。

そのあたりはお客様側でも気をつけないといけないし、美容師側でも染めたて良くても抜けたら金髪という事をしっかり伝えないといけないと思います。

で、今回はムラを直してもう少しナチュラルな、でも透明感はある色味にしていきます。

結婚式1週間前、しかも湘南方面から2時間くらいかけてわざわざ亀有まで来ていただいて失敗は許されません。

では行きます。

ムラにはハイライト!しかし今回はすでに全体にブリーチされています。でも毛先には若干濁った色味が入っていたのでそこを少し削りたいのでライトナーというブリーチではないクリームタイプの脱色剤にブリーチを少々混ぜたものでハイライト。残った髪を、、、

うちのページはカラーレシピなどの検索ワードで来ていただく方が多いみたいなのでレシピも公開。

イルミナカラーの6ヌード(ちょっとバイオレットが入ったグレー)と6サファリ(ベージュ)、そしてコレストンの66・81(これもちょっとバイオレットが入ったグレー。ヌードより全然濃い。)

をミックスしたものを塗布して落ち着かせます。ポイントは落ち着かせたいけど透明感は失わない程度に。という所。カラー剤はイルミナからーでも何カラーで良いです。イルミナカラーだから直せるわけではないので。ムラサキっぽいグレーであれば。

これでなぜムラが直るのか?についてはこちらの記事を👇

時間をおいたら流して、、、、

 

これでムラ感はだいたい直ってます。で、根本が薄くて、毛先が濁ってたと思うんですけどそれがバランス悪いのでグラデーション気味に塗り分けて修正します。

薬剤は、、、

イルミナカラーの6ヌード(ちょっとバイオレット入ったグレー)とコレストン10・68(アッシュピンク)と10ヌード(グレー)とクリスタル(クリア剤、薄める役割)を塗り分けます。ポイントは1回めもそうですけど青み、緑味は入れないという事。

アッシュという薬でも紫がかったグレーもありますし、青みがかったアッシュもありますし、少しマットよりのアッシュもあります。大事なのはイルミナで染めるとか、アディクシーで染めるとか、スロウで染めるとかそういう事よりも使っている薬剤の本当の色味を理解して適切に使いこなすっていう事ですね。イメージだけでアッシュにしたいからアッシュの薬を使えば良いというわけではないのです。今回は前回緑になってしまって嫌だったという事もあるので絶対に緑に触れさせない薬剤ミックスでカラーしました。

仕上がり

👇

仕上がりで意識したのはベストの色味になるのが1週間後になるように。  という事。なので少し濃い目に入れてあります。

金髪感は無くなったものの透明感のある色味はキープしてあります。

ムラもなくなり、緑にも触れずに良い感じの仕上がりになったのではないしょうか。

外で見ると、、、、

こんな感じです。

 

こんなメッセージもいただけて、良かったです😆

式直前の色味を写真で送っていただきました。

すこし明るくなって、でも黄色いギラつきは無く、良い感じだと思います。

大事なイベント目前にカラーの問題が起きたときはお気軽にLINEからメッセージくださいませ。

よかったら参考にしてくださいね!

では✋


ラ・シュシュではアシスタントを募集しております。

詳しくはこちらから

👇

インスタ更新してます、ヘアカラーの参考に

木暮 史明のインスタグラム👇Instagram

人気の記事

簡単ネット予約はこちらから

new style