kigure blog, カラーレシピ, ...

アッシュピンク染めたいとオーダーしてもアッシュピンクにはならない理由

淡いピンク系の色味、、

こんな感じの色味はいつも人気の色味で、オーダーも多いです。このような色味の写真を持っていって、

『こんな感じの色にしたいです!』

と希望を伝えていざ仕上がってみたら、、、

『全然見せたピンクと違うんですけど、、、💧』

こんな経験された方も多いんじゃないでしょうか?

今回は

なぜピンク系はイメージしたような色味に染めてもらえないのか?

についてです。


友だち追加
http://line.me/ti/p/%40kigure

ご予約、ヘアスタイルの質問、相談は木暮個人のライン@からでもお受けできます。



こんにちは木暮です。

アッシュ系の淡いピンクにしたいとオーダーして、イメージ通りのピンクになったことありますか?

あまりイメージ通りにいかないと思うんですよね。そこで今回は

なぜイメージしたピンクに染まらないのか?

また淡いアッシュピンクに染めるにはどうしたら良いか?


についてお話ししていこうと思います。

まず前提としてアッシュピンクに染めるのは難しいです。表現するのが難しいレベルで言うと、、、、
白っぽくするカラーの次くらいに難しい色味だと僕は考えてます。

ではなぜ難しいか?

についてですが、淡いピンクというのは非常に浅い色味です。浅い色味を髪の毛で表現するには浅い色が見えるくらいに下地を明るくしなければならないのです。
例えば、、、

このくらいブリーチしてある髪の毛であれば、、、(ブリーチのレベルを言葉でいうならペールイエローくらい。)
オレンジ味のあるイエローを超えて、白っぽいイエローです。必要ブリーチ回数でいうと2回〜3回。髪質によっては4回。
このくらいベースが明るくなってないと淡いピンクは髪の毛で出せないのです。

なぜイエローではなくて、ペールイエローまで抜けてないとアッシュピンクが出せないのかというと、、、

これは色相環ですが、イエローの反対を見てみてください。イエローの反対はバイオレットです。ピンクはバイオレットの少しだけレッドよりの色味なのですが、バイオレットを多く含んだピンクをイエローの上に重ねると、イエローとバイオレットが打ち消しあってバイオレットが消えてしまうんですね。バイオレットとイエローが打ち消しあって何が残るかというとレッドです。
ピンクってオーダーしたのに赤になってしまう事多いと思いますが、それはこの理屈です。

ピンクではなく、このようなバイオレットにしたい

という時も同様です。入れたカラー剤のバイオレットが勝つくらいにベースのイエローを薄くしておかないとならないのです。
ここでいうピンク、バイオレットは淡い浅いアッシュピンクです。深い赤紫の場合はここまでのブリーチは必要ありません。
深い赤紫はアッシュピンクをイメージしている方には全く希望の色味ではないと感じるでしょう。

ですので、ブリーチはしたくないという方はアッシュピンクにするのは不可能なのです。

イエローでもなかなか出しにくい色味なのにオレンジのベースでは絶対に出せません。


なので、全体染めでも部分染めでも淡いピンクに染めたいときは髪のベースをイエローまで抜く必要があるということをご理解ください。
もしアッシュピンクのオーダーをして、ベースがノーブリーチもしくはブリーチしてあってもまだオレンジ味が残るくらいのベースの髪に対して、、、

『わかりました。アッシュピンク良いですよね。では染めていきます!』

なんて説明もなく施術が始まってしまったら、染める前から

失敗確定です。

これは間違い無いです。オレンジの上に重ねて淡いピンクになんて染まるわけないので。
多分仕上がりは赤です。赤か赤紫か、もしくは紫が出なくて赤みのあるブラウンってところです。

ピンク以外でもシルバーグレーっぽい系統の色味なんかもかなりブリーチが必要です。
逆にそこまで(イエローまで)ブリーチしてなくても出せる人気の色味だとベージュ系とか。
ベージュ系はブリーチは必要ですがそこまで抜いてなくても出せます。

その他だと、レッド系、オレンジ系、深いブルー系なんかもそこまでブリーチしてなくても出せる色味です。

ピンクのオーダーは非常に多いのですが、意外とハードルが高い、かなりのブリーチが必要という事があまり知られていないなと思い記事にしてみました。

今回の内容はYouTubeに動画としても出していますのでぜひこちらもご覧ください。

今、YouTube頑張ってますのでぜひチャンネル登録お願いします!

今回のお話も良かったら参考にしてくださいね!

では✋

人気の記事

fumiaki kigure
計算された"ゆるさ"で無造作なオシャレ感を演出。
あこがれの外国人風、アッシュベージュ系のカラーをダメージ最小限に表現していきます。"いつも理想の髪色にならない"そんな方はぜひ!

簡単ネット予約はこちらから

new style